未分類

商標記事の書き方

更新日:

こちらは商標記事の構成、各見出しごとに意識して欲しい点など、商標記事の作成方法についてを全般的にまとめています。

サンプル記事としてフレナーラの記事を書いていますので、こちらを見ながら確認していくとより理解が深まるかと思います。

記事を書く上で意識して欲しい大事なこと

  1. タイトルのつけ方
  2. リード文の書き方
  3. レビューの書き方
  4. メリット・デメリットの書き方
  5. 良い口コミ・悪い口コミの書き方
  6. 最安値比較の書き方
  7. 成分と副作用の書き方
  8. ライバル商品との比較の書き方
  9. FAQの書き方
  10. 基本情報まとめ

1. タイトルのつけ方

まずは記事タイトルのつけ方についてです。

サンプル記事のタイトルを参考にしながら見ていきましょう。商標記事におけるタイトルのつけ方には以下3つのポイントがあります。

①タイトルには【正式商品名】【口コミ】【効果】を入れる。

今回の記事であれば「フレナーラ」という正式名称を入れます。その他には商標キーワードでトラフィックの多い「口コミ」「効果」を入れてあげましょう。

また「手汗」などのお悩みキーワードも入れてあげると「フレナーラ+手汗」という検索キーワードも拾えるので、入れられる場合は入れてみてください。

②32文字以内でタイトルを設定する。

googleの検索エンジンは33文字以上を「…」と省略する傾向にありますので、文字数計測ツールなどを使って32文字以下におさえるようにしましょう。

③キャッチコピーを入れる(効果なし?!、私の口コミ、辛口…etc)

ライバルサイトよりも記事タイトルを魅力すると、クリック率が高くなり、結果として検索エンジンでの順位も上がりやすくなります。

なので、思わずクリックしてしまうような魅力的なタイトルをつけるようにしましょう!

2. リード文の書き方

リード文は基本的に以下のような流れです。

・実際に購入した私の○○の口コミをご紹介します。
・お悩みの方に本当に効果があるのか?使ってみた私が辛口でご紹介します。

この始めの導入部分はかなり大事で、文章が読まれるか読まれないかを決定する部分です。なので、分かりやすく端的に書いてあげるのがポイントになります。

また「何が書いてあるのか?」「何が解決できるのか?」この2点をしっかり書いてあげるのもポイントです。導入部分で「読む価値がある」と思ってもらえるリード文が書けるように意識してみてください。

また、上記の赤線のように「話者の悩み=読者の悩み」にしてあげることによって「この人も自分と同じことで悩んでいるんだな」という共感から文章に引き込むことができるので、できれば話者の悩みと読者の悩みを一致させて書いていくと良いです。

また、それ以外の方法としては「こちら側が専門家を名乗る」という場合です。

もし自分が何かしらの資格を持っていたり、専門知識に精通する職業に就いているような場合は、先生としての立場から記事を書くことができます。なので、もしそうできる場合は専門家としてのポジションから書いてみてください。

3. レビューの書き方

-未分類

Copyright© 記事作成マニュアル , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.